会長あいさつ

 甲府在宅ネットワークは、在宅医療に関する知識・技術の向上と在宅医療に関わる各職種との連携を目的に、平成20年3月18日に設立されました。設立当時は、甲府市内において訪問看護師やケアマネジャーは活発に活動をされていましたが、まだ在宅医は少なく、それぞれの連携も不十分でした。長崎市・静岡市・尾道市などでは、既にモデルケースともいうべき先進的な地域在宅医療のネットワークが構築されており、甲府市にもそのような地域ネットワークが出来たらという思いから当会の設立に至りました。当会の特徴は、会員が、在宅医(かかりつけ医)、病院勤務医、訪問看護師、ケアマネジャー、調剤薬局の薬剤師、病院薬剤師、歯科医師、地域包括支援センターのスタッフ、行政(市役所、保健所)、管理栄養士、福祉器具メーカーなどの多職種で構成されている点です。会員らが集いながら、様々な事例の検討やワークショップなどの定例会を年7回ほど、交流会(新年会、納涼会)を年2回行っています。在宅医療を構成する各職種同士が直接に顔を会わす事で、お互いに信頼のできる関係の構築を目指しながら、楽しい雰囲気の中にも真剣な意見交換や議論が行われています。まだまだ力不足の面はありますが、少しでも地域の医療・福祉・行政・保健のお役に立てればと願っています。
 

代表 樋口幸司

甲府在宅ネットワークからのお知らせ

<定例会のお知らせ>

日 時:2019年 月 日( )19時~

会 場:

座 長:

講 師:

 

※2018年6月15日からホームページアクセスカウンターの運用を開始しました。

 

※2018年2月27日からホームページの運用を開始しました。

研修会等のお知らせ

 

 

 

過去の活動記録